芸能人・経営者のおくやみ情報

毛利菊枝 氏

女優[日本]

2001年 8月20日 死去肺炎享年99歳

毛利 菊枝(もうり きくえ、1903年11月3日 - 2001年8月20日)は、日本の女優。
本名は森 キク(旧姓:小林)。
夫は美術史家の森暢。
杉村春子、山本安英らと同世代の新劇女優であり、岸田国士に師事。
幾つかの劇団を経て、京都市に劇団くるみ座を創設し、長く代表をつとめた。
戦後は映画やテレビドラマにも多く出演し、老け役で活躍した。
略歴・人物 1903年(明治36年)11月3日、群馬県利根郡沼田町(現沼田市)に生まれる。
群馬県立高崎高等女学校(現群馬県立高崎女子高等学校)中退。
1925年(大正14年)、岸田国士主宰の新劇研究所に第1期生として入る。
1929年(昭和4年)、喜劇座の旗揚げ公演『御意に任せて』で初舞台を踏む。
1932年(昭和7年)に友田恭助・田村秋子夫妻の築地座に参加するが、1934年(昭和9年)に木崎豊、清川玉枝、龍岡晋らと脱退して京都で創作座を旗揚げした。
1937年(昭和12年)に同座を退団。
1940年(昭和15年)に宇野重吉、中江良介、信欣三、北林谷栄らと瑞穂劇団に参加した。