芸能人・経営者のおくやみ情報

大塚周夫 氏

声優[日本]

2015年 1月15日 死去虚血性心不全享年86歳

大塚 周夫(おおつか ちかお、1929年7月5日 - 2015年1月15日)は、日本の俳優、声優、ナレーター。
劇団東芸、劇団俳優小劇場、芸能座などで活動し、最後は青二プロダクションに所属していた。
東京アニメアワード2014「アニメ功労部門」を声優として受賞。
生涯 東京都出身。
父親と兄が彫刻家という芸術一家に生まれ、大塚が生まれつき体が弱いことを心配した母親と、戦前で情勢が悪化し未成年が繁華街を歩いていると問題になる中、放課後に新宿で遊ぶ口実を作りたいと考えた当時新宿高校に通っていた長兄の2人から、ダンスを習うように言われ4歳から新宿区内のダンス教室に通っていた。
日本学園中学校・高等学校卒業当初は上野の美術学校に通うことになっていたが、新宿第一劇場で芝居の実演を見て面白そうだと感じ、役者を志すようになる。
戦争が始まると両親は九州に移り兄は出征したため、大塚は親類に預けられた。
戦争で長兄を亡くし、ダンスも中断せざるを得なかった。
戦後ダンスを再開し、進駐軍が来たため多くのダンサーが必要となり、ダンサーのオーディションを受けて合格しキャンプや赤坂などのグランドキャバレーで踊っていた。

日本の声優、俳優。7月5日、東京都生まれ。息子は声優で俳優の大塚明夫(おおつかあきお)。テレビ放送の開始以前はラジオドラマの仕事に携わり、テレビ放送開始後は俳優としてテレビドラマに出演。米国の俳優チャールズ・ブロンソンの声を始め、海外映画の吹き替えでも活躍した。63年からはアニメの声優としても活動し、「ゲゲゲの鬼太郎」(第1作〜第2作)のねずみ男、「美味しんぼ」の海原雄山、「ONEPIECE」のゴール・D・ロジャーなど、印象的なキャラクターの声を多数務めた。2015年1月15日、死去。享年85。 (2015-1-20) (引用元 コトバンク)