訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

桂小金治 氏(かつらこきんじ)

落語家・2代目、タレント俳優[日本]

2014年 11月3日 死去肺炎享年89歳

桂 小金治(かつら こきんじ)は落語家の名前。
当代は2代目。
2代目桂小文治の門弟に与えられる名前である。
初代桂小金治 - 後の2代目桂枝太郎。
2代目桂小金治 - 本項にて詳述。
2代目桂 小金治(かつら こきんじ、1926年10月6日 - 2014年11月3日)は、東京府豊多摩郡杉並町(現:東京都杉並区)出身の落語家、俳優、タレント。
本名は田辺 幹男(たなべ みきお)。
桂小金治事務所所属。
帝京商業学校(現:帝京大学中学校高等学校)卒業。
元俳優の山岸快は孫である。
1947年、2代目桂小文治に入門して落語家となる。
次代の名人候補として将来を嘱望されたが、川島雄三の要請で映画俳優に転身。
昭和中期から映画やテレビドラマ、バラエティ番組に数多く出演し、ことにワイドショーの名司会者として名を馳せた。
平成以降は放送メディアに登場する機会は少なくなっていたが、全国各地で講演活動を展開しており、落語を口演する機会もあった。
江戸前の歯切れの良い滑舌で、高座では古き良き時代の江戸落語を聴かせていた。