芸能人・経営者のおくやみ情報

藤波孝生 氏

政治家、元内閣官房長官[日本]

2007年 10月28日 死去肺炎享年74歳

藤波 孝生(ふじなみ たかお、1932年12月3日 - 2007年10月28日)は、日本の政治家、衆議院議員(11期)。
三重県度会郡神社町(現在は伊勢市)出身。
来歴・人物 早稲田大学商学部時代は雄弁会で活躍。
当時の愛称は「神様」。
大学卒業後、家業の和菓子店に従事。
伊勢青年会議所を組織し、副理事長に就任。
それを選挙母体として1963年三重県議会議員に当選。
1期務めた。
浜地文平から後継に指名され、1967年、自由民主党から第31回衆議院議員総選挙に三重県第2区から立候補し初当選し、以後当選11回(当選同期に山下元利・増岡博之・塩川正十郎・加藤六月・中尾栄一・武藤嘉文・坂本三十次・塩谷一夫・水野清など)。
若手の頃は同期当選の河野洋平、山口敏夫らと共に行動、河野主宰の超派閥による政策勉強グループ「政治工学研究所」(政工研)の主要メンバーとなる。
1976年に河野らが新自由クラブを結成する時、ギリギリまで態度を保留し、結局参加を見送った。
その後は中曽根康弘の第一の側近となる。
科学技術庁政務次官、文部政務次官、自民党文教部会長、労働大臣、内閣官房長官、自民党国会対策委員長などを歴任。

1932年12月3日〜2007年10月28日 日本の政治家。三重県度会郡神社町(現在の伊勢市)出身。早稲田大学卒業。 大学卒業後は家業の和菓子店に従事する一方で伊勢青年会議所設立に参画し、副理事長に就任。その後は県議会議員を務めた後、1967年に当時の衆議院三重2区から自由民主党公認で出馬し初当選した。以後、11回当選(1993年7月の衆議院議員選挙は落選)。労働大臣、内閣官房長官、自民党国会対策委員長などを歴任したが、1989年5月にはリクルート事件に関与したとして受託収賄罪で在宅起訴されて自民党を離党した。 (引用元 Hatena Keyword)