芸能人・経営者のおくやみ情報

笹井芳樹 氏(ささいよしき)

科学者、医学者[日本]

(STAP論文問題の心労により自殺)

2014年 8月5日 死去自殺享年53歳

笹井芳樹 - ウィキペディアより引用

笹井 芳樹(ささい よしき、1962年(昭和37年)3月5日 - 2014年(平成26年)8月5日)は、日本の発生学者、医学者。
京都大学博士(医学))。
京都大学再生医科学研究所教授、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)グループディレクター、同 副センター長を歴任した。
神経系の初期発生過程における遺伝子・細胞レベルの研究者として知られ、世界で初めてES細胞による網膜の分化誘導や立体的な網膜の生成に成功。
更にES細胞から視床下部前駆細胞の分化誘導、脳下垂体の立体的な形成にも成功し、井上学術賞、山崎貞一賞、武田医学賞、上原賞等を受賞している。
論文執筆の天才とも呼ばれ、センター全体の資金調達や神戸医療産業都市関連の事業でも活躍。
文部科学省や科学技術振興機構の再生医療プロジェクトや委員会でも手腕を見せた。
2014年に発表・撤回されたSTAP論文により様々な責任が追及される中、2014年8月5日に縊死(首吊りによる自殺)。
その死は国内外に衝撃を与えた。
医学部から研究の道へ 1962年兵庫県に生まれ、愛知県立旭丘高等学校を卒業した。

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)器官発生研究グループディレクター。『Neuron』『Developmental Dynamics』などの学術雑誌の編集委員も務めた。 1962年3月5日生まれ。 (引用元 Hatena Keyword)