芸能人・経営者のおくやみ情報

ゲーリー・ベッカー 氏Gary Stanley Becker

経済学者、シカゴ大学特別教授・人的資本理論[アメリカ]

2014年 5月3日 死去享年85歳

ゲーリー・ベッカー - ウィキペディアより引用
ゲーリー・スタンリー・ベッカー(Gary Stanley Becker、1930年12月2日 - 2014年5月3日)は、アメリカ合衆国の経済学者。
シカゴ大学経済学部、社会学部、そして同校ブース・ビジネススクールにて教授職を勤める。
従来、金銭や経済問題だけを分析してきた経済学の適用範囲を、極めて広範かつ多様な人間行動・社会問題に拡張し、それに基づく多くの政策提言を導き、現実の政策に大きな影響を与えてきたことで知られる。
1930年 ペンシルベニア州ポッツヴィル(ボッツタウン)で生まれたドイツ系アメリカ人。
1951年 プリンストン大学を卒業する(B.A.)。
1953年 シカゴ大学より修士号を取得する(M.A.)。
1954年 - 1957年 シカゴ大学の助教授となる。
1955年 シカゴ大学より博士号を取得する(Ph.D.、シカゴ大学大学院ではミルトン・フリードマンに学んだ)。
1957年 - 1960年 コロンビア大学の経済学の助教授、その後准教授となる。
1960年 - 1968年 30歳でコロンビア大学の教授となる。