芸能人・経営者のおくやみ情報

吉田栄勝 氏

レスリングコーチ[日本]

(吉田沙保里の父)

2014年 3月11日 死去くも膜下出血享年62歳

吉田 栄勝(よしだ えいかつ、1952年3月22日 - 2014年3月11日)は、日本のレスリング選手。
レスリング指導者。
吉田沙保里の父。
1952年3月22日、青森県八戸市出身。
八戸電波工業高等学校(現在の八戸工業大学第一高等学校)時代にレスリングと出会う。
専修大学経済学部に入学後は男子フリースタイル57㎏級選手として1973年の全日本レスリング選手権男子フリースタイル57㎏優勝。
同年にテヘラン(イラン)で開催されたレスリング世界選手権及びウランバートル(モンゴル)で開催されたレスリングアジア選手権に男子フリースタイル57㎏日本代表として出場。
アジア選手権では銀メダルを獲得している。
また大学対抗団体戦の全日本学生王座戦では専修大学のメンバーとして日本大学を決勝で下して優勝するなど、伊藤良和、吉田光雄らと共に専修大学黄金時代の立役者の一人でもあった。
吉田栄勝と同じクラスの好敵手には荒井政雄、佐々木禎、山路明などがいた。
1976年のモントリオールオリンピック代表切符を賭けて好敵手と鎬を削るも、オリンピック代表選考会で敗れた為、代表切符を手にすることは出来なかった。