芸能人・経営者のおくやみ情報

アラン・レネ 氏

映画監督[フランス]

2014年 3月1日 死去享年93歳

アラン・レネ - ウィキペディアより引用

アラン・レネ(Alain Resnais, 1922年6月3日 - 2014年3月1日 )は、フランス・ヴァンヌ出身の映画監督。
来歴・人物 1922年6月3日、フランス・ヴァンヌで生まれる。
父親は薬剤師。
持病の喘息が原因で学校にはあまり通うことが出来ず、家庭で教育を受ける。
漫画から古典まで読み漁る読書家だったが、10歳の頃から映画に興味を持ち始め、12歳の誕生日に両親から貰った8ミリカメラで短編映画を製作するようになる。
次第に俳優になることを志すようになり、1939年にはテアトル・デ・マチュラン劇場内にある俳優ジョルジュ・ピトエフの会社で働くためにパリに移住。
1940年から演技の勉強をしていたが、映画編集技術を学ぶために1943年にフランスの高等映画学院(通称IDHEC)に入学。
講師の一人だった映画監督のジャン・グレミヨンから最も影響を受ける。
1945年には兵役に就いたが、1946年にパリに戻ると映画編集者として働き始め、同時に短編映画の製作も始めた。
『Schéma d'une identification』という作品を製作する際には俳優ジェラール・フィリップに出演のオファーを出した。

Alain Resnais(1922-) 映画監督 1922年フランス・ブルターニュ生まれ。 1955年のアウシュヴィッツ収容所を題材にした短編「夜と霧」で名を知られるようになる。1959年の初の長編「二十四時間の情事」が世界的に反響を呼び、以後「去年マリエンバートで」、「ミュリエル?」などを発表、ヌーヴェル・ヴァーグ時代の“セーヌ左岸派”の代表と言われた。 allcinema「アラン・レネ」より (引用元 Hatena Keyword)