訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

地道行雄 氏

ヤクザ、三代目山口組舎弟・元若頭、地道組組長[日本]

1969年 5月15日 死去肺がん享年47歳

地道 行雄(じみち ゆきお、1922年1月22日 - 1969年5月15日)は日本のヤクザ。
暴力団・三代目山口組舎弟(元若頭)、地道組組長。
神光工業取締役。
神戸市兵庫区に工員の息子として生まれる。
昭和11年(1936年)に兵庫尋常小学校を卒業すると三菱電機で工員として働くも、昭和16年(1941年)に姫路師団に入隊。
太平洋戦争では中国に出征し、華北と華中の戦線を転戦する。
昭和21年(1946年)4月に陸軍兵長として復員、暫くして神戸市福原で兄と自転車修理業を始めるが「戦勝国民」を自称する一部の外国人と喧嘩を繰り返す。
これに当時闇市の自警団を組織していた山口組の目に停まり、程なく地道は神戸市の山口組本部に出入りするようになる。
翌昭和22年(1947年)2月に地道は、三代目山口組組長となった田岡一雄の若衆となる。
昭和23年(1948年)に競輪と競馬が再開されると、半ば強引に神戸競輪場の仕事を獲得。
これで対立した西海組をも捻じ伏せ(山口組と西海組の抗争事件)、武闘派幹部として頭角を現す。