訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ラルフ・カイナー 氏

メジャーリーガー[アメリカ]

2014年 2月6日 死去享年92歳

ラルフ・カイナー - ウィキペディアより引用
ラルフ・マクファーラン・カイナー(Ralph McPherran Kiner, 1922年10月27日 - 2014年2月6日)はアメリカ合衆国・ニューメキシコ州サンタリタ出身の元プロ野球選手(外野手)。
右投右打。
1946年にピッツバーグ・パイレーツでデビュー。
いきなり本塁打王に輝き、そこから7年連続本塁打王を獲得。
1947年・1949年は50本の大台を突破。
(2度の50本台はベーブ・ルース以来史上2人目)特に1949年の54本は当時6位タイをマークした。
しかし、その後は背中と腰の痛みで思うような打撃ができず、1953年途中にシカゴ・カブスへ、1955年クリーブランド・インディアンスへ移籍し、32歳の若さで引退した(カブスにトレードされる際、当時パイレーツGMのブランチ・リッキーに「君の本塁打があってもチームは最下位だったから、君がいなくともチームは最下位になれる」と言われたエピソードがある)。

↑ PAGE TOP