芸能人・経営者のおくやみ情報

芥川也寸志 氏(あくたがわやすし)

作曲家指揮者[日本]

1989年 1月31日 死去肺がん享年65歳

芥川也寸志 - ウィキペディアより引用

芥川 也寸志(あくたがわ やすし、1925年7月12日 - 1989年1月31日)は、日本の作曲家、指揮者。
JASRACメンバー。
快活で力強い作風と言われ、特に人気のある代表作に『交響三章』『交響管弦楽のための音楽』『弦楽のための三楽章』などが挙げられる。
また映画音楽・放送音楽の分野でも『八甲田山』『八つ墓村(野村芳太郎監督)』『赤穂浪士のテーマ』などが知られると共に、童謡『小鳥の歌』『こおろぎ』等の作曲者としても知られる。
そのほか、多くの学校の校歌や日産自動車の「世界の恋人」など、団体(企業等)のCMソングや社歌も手がけている。
来歴・人物 文豪・芥川龍之介の三男として東京市滝野川区(現・北区)田端に生まれる。
母は海軍少佐・塚本善五郎の娘・文。
兄は俳優・芥川比呂志。
也寸志の名は龍之介が親友の法哲学者・恒藤恭(つねとう きょう)の名「恭」を訓読みし万葉仮名に当て命名された。
父は1927年に自殺したが、也寸志は父の遺品であるSPレコードを愛聴し、とりわけストラヴィンスキーに傾倒した。

作曲家(1925〜1989) 文豪芥川龍之介の三男として生まれる。 NHKやTBSでのテレビ・ラジオ番組の司会、三十年以上にもわたるアマ・オケの新交響楽団との演奏活動、特に当時は新交響楽団であった宮城フィル(現在の仙台フィル)の育成、サントリー音楽財団の運営への参画、反核運動などあまりに幅広いテリトリーに驚嘆すべきマルチ・タレントぶりを発揮し続けた。 「砂の器(映画版)」や「鬼畜」などの音楽監督も務める。  彼は日本の近代音楽家として積極的に新しい分野を開拓していった。 音を選んで積んでいく従来の作曲法と異なり、彼はあらかじめ全ての音を鳴らし、そこから不要な音を抜いていく作曲法を提案した(これは「マイナス音楽論」と呼ばれた) またオーケストラを男役と女役に分割して性交を表現しようとした(「弦楽オーケストラのための『陰画』」がそれである) 代表作:「交響管弦楽のための音楽」「弦楽のための三楽章(トリプティーク)」「舞踊組曲『蜘蛛の糸』」「ディヴェルティメント」 (引用元 Hatena Keyword)