芸能人・経営者のおくやみ情報

廣松渉 氏

哲学者、思想家[日本]

1994年 5月22日 死去肺がん享年60歳

廣松 渉(ひろまつ わたる、男性、1933年8月11日 - 1994年5月22日)は、日本の哲学者、東京大学名誉教授。
筆名は門松暁鐘など。
妻の妹は加藤尚武夫人。
福岡県柳川市蒲池出身。
出生地は山口県厚狭郡山陽町(現在の山陽小野田市)。
1946年、中学1年生の時に日本青年共産同盟に加盟。
1949年4月、高校進学と同時に日本共産党に入党する。
1950年の50年分裂では国際派に所属し、 1951年に国際派の「全国統一会議」が解散した後は、党に戻らず全日本学生自治会総連合(全学連)などで活動。
福岡県立伝習館高等学校中退後、大検に合格して大学進学資格を得て、東京学芸大学に入学するも、中退して東京大学文学部哲学科に再入学をする。
当初はエルンスト・マッハに対する関心が強かったが、指導教官の勧めもあってカント研究に専念することになる。
その後、東京大学大学院に進学。
1965年に博士後期課程を単位取得退学している。
1955年7月、日共第六回全国協議会(六全協)を受けて復党するも、翌年に出版した共著書『日本の学生運動』が問題とされて離党した。

ひろまつわたる(1933―1994) 哲学者、マルクスおよびマルクス主義研究者。福岡県に生まれる。第二次世界大戦終結直後の中学1年生のときから左翼運動に参加。反米活動により高校を退学処分され、大学入学資格検定(現、高等学校卒業程度認定試験)を経て東京大学に進学。その間、1950年(昭和25)の日本共産党分裂では国際派分派として除名され、1955年の六全協(日本共産党第6回全国協議会)で復党する。1965年東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程修了。名古屋工業大学助教授、名古屋大学助教授などを経て1982年東京大学教養学部教授。1960年代からは新左翼運動に随伴するように独自の思想を展開していった。十代のころは独学で物理学を研究。現代物理学におけるパラダイム・チェンジと同じようなことが、哲学、思想にもあったのではないかという着想を得る。この発想は、のちに独自のマルクス解釈を展開するうえでの基調となる。廣松の仕事は、単に哲学分野だけでなく、政治学、経済学などから認知科学や生命科学、物理学にいたる広い範囲にわたり、その業績はそれぞれの分野でパラダイム・チェンジを迫るものである。実際、書籍として刊行された仕事も、1963年の『感覚の分析』DieAnalysederEmpfindungenunddasVerhaltnisdesPhysischenzumPsychischen(1886)、1966年の『認識の分析』(1920年刊のErkenntnisundIrrtumと1923年刊のPopular-wissenschaftlicheVorlesungenより5編を選んだもの)と、エルンスト・マッハの翻訳がスタートであった。当時、マッハとヨーロッパ現代哲学を同時に視野に入れて、しかもマルクス主義哲学の立場で研究を行う者は日本ではほかにいなかった。廣 …… (引用元 コトバンク)