訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ブライアン・ハート 氏

ハートエンジン設立者[日本]
2014年 1月5日 死去病気享年78歳
ブライアン・ハート(Brian Hart, 1936年9月7日 - 2014年1月5日)はロンドン出身のエンジン技術者。
元レーシングドライバーでもある。
彼は1967年8月6日に開催されたドイツGPにおいて、フランク・コスティンがデザインしたF2マシン、プロトス・コスワースを駆って予選25位で通過(当時のドイツGPはF1とF2が混走していた)。
決勝はトップから3周遅れでゴールするが周回不足により完走ならず。
翌年からエンジニアに転進し、フォーミュラ・ジュニアやF2で経験を積んだ。
その後、英国で最も尊敬を集めるF1エンジン開発会社のひとつであるブライアン・ハート社を設立した。
1981年から1999年に至るまで、トールマン、RAM、ティレル、ジョーダン、ミナルディおよびアロウズといったF1チームにエンジンを供給した。
1999年の供給先であったアロウズがエンジンをスーパーテックに変更したため、ハートは同シーズンで撤退した。
F1での年度別成績 関連項目 モータースポーツ 脚注 ==。

↑ PAGE TOP