訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ミハイル・カラシニコフ 氏

銃器設計者、AK47を開発[ロシア]

2013年 12月23日 死去享年95歳

ミハイル・カラシニコフ - ウィキペディアより引用
ミハイル・チモフェエヴィチ・カラシニコフ(ロシア語: Михаи́л Тимофе́евич Кала́шников ミハイール・ティマフィェーヴィチ・カラーシュニカフ、1919年11月10日 - 2013年12月23日)は、ロシアの軍人、銃器設計者、政治家。
史上もっとも大量に製造され拡散しているアサルトライフルである「AK-47」(露: Автомат Калашникова образца 1947 года、1947年式カラシニコフ突撃銃)の設計者であり、第二次世界大戦後の旧ソ連を代表する銃器デザイナーである。
カラシニコフの一族は元々クバン地方に暮らすコサックで、かつては「カラシニク(Калашник)」という姓だった。
ロシア風のカラシニコフという姓は、19世紀半ばに一族が農民になった頃に改めたものである。
1910年、皇帝ニコライ二世がアルタイ地方への入植と引き換えに農地の譲渡を行うという政策を発表し、カラシニコフ家もこれに従い同地方クーリャ村に入植した。
題名
小さな大量破壊兵器: ミハイル・カラシニコフとAK47 レトロハッカーズ
著者
牧野武文
発売元
牧野武文
発売日
2014-04-27
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP