芸能人・経営者のおくやみ情報

大東隆行 氏

「餃子の王将」社長[日本]

2013年 12月19日 死去射殺享年73歳

大東 隆行(おおひがし たかゆき、1941年〈昭和16年〉3月8日 - 2013年〈平成25年〉12月19日)は、株式会社王将フードサービスの元営業本部長・元代表取締役社長。
大阪市出身。
関西経理専門学校へ入学して中退後、薪炭・氷販売業の経営を経て、義兄の加藤朝雄が1967年に創業した「餃子の王将」1号店へ1969年に入店。
1978年に営業本部長、1995年に副社長を経て、2000年に社長へ就任した。
社長就任後は毎朝6時前には出社し、本部のある会社の玄関を自ら開錠しては、玄関や駐車場を掃き清めて散水していたという。
昼にはトイレ掃除もしていたが、その理由は「従業員には綺麗な会社で気持ちよく働いてもらいたいから」ということや、「本社の玄関が汚かったら、店に行ったときに『汚い』と指摘できない」ためであったという。
また、社長専用車はあったが運転手は付けず、自ら運転していたという。
直営店の店長300人以上の名前だけでなくフランチャイズ店オーナーの名前も、すべて覚えていたという。

(1941年(昭和16年)3月8日 - 2013年(平成25年)12月19日) 株式会社王将フードサービス営業本部長・代表取締役社長。大阪市出身。関西経理専門学校へ入学、中退後、薪炭・氷販売業の経営を経て、義兄の加藤朝雄が1967年に創業した「餃子の王将」1号店に1969年入店。1978年営業本部長、1995年副社長を経て、2000年に社長に就任した。 社長になった現在でも毎朝6時前には出社し、本部のある会社の玄関を自身で開錠し、玄関や駐車場を掃き清めて水をまく。また、昼にはトイレ掃除もするという。理由は、「従業員にはきれいな会社で気持ちよく働いてもらいたいから」ということと、「本社の玄関が汚かったら、店に行ったときに『汚い』と指摘できない」ためであるという。また、社長専用車はあるが運転手はおらず、自ら運転する。 直営店の店長300人以上の名前だけでなくFC オーナーの名前も、全部覚えている。また、社員の誕生日には自ら選んだ自己啓発本を、社員の配偶者の誕生日には花束をプレゼントしている。 (引用元 Hatena Keyword)