芸能人・経営者のおくやみ情報

小沢辰男 氏

政治家、元厚相[日本]

2013年 10月13日 死去老衰享年97歳

小沢 辰男(小澤 辰男、おざわ たつお、1916年〈大正5年〉12月7日 - 2013年〈平成25年〉10月13日)は、日本の内務・厚生官僚、政治家。
衆議院議員(13期)、建設大臣(第36代)、環境庁長官(第6代)、厚生大臣(第56代)、改革クラブ代表などを歴任した。
父は衆議院議員の小沢国治。
厚生官僚 新潟県新潟市出身。
旧制新潟商業学校を経て旧制新潟高等学校卒業。
1941年、東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、内務省に入省。
中曽根康弘とは東京帝大、内務省で同期。
戦後、内務省が解体・廃止されると厚生省に移り、厚生省医務局整備課長を務めた後、公衆衛生局、保険局などに勤務。
1959年12月から翌年5月まで新潟赤十字センター長を務め、在日朝鮮人の帰還事業において警備や帰還者の援護の統括業務を行った。
厚生省を退官すると、地元の新潟硫酸取締役や新潟米油社長を務める。
衆議院議員 1960年、衆議院議員総選挙に旧新潟1区から自由民主党公認で立候補し当選する。

小沢 辰男氏(おざわ・たつお=元建設相)13日午後5時33分、老衰のため東京都内の自宅で死去、96歳。新潟市出身。故人の遺志により献体したため葬儀は行わない。お別れの会は12月3日午後2時から新潟市中央区万代5の11の20のANAクラウンプラザホテル新潟で。喪主は長女瓔子(えいこ)さん。 1960年の衆院選に旧新潟1区で自民党から出馬し初当選、当選13回。故田中角栄元首相の側近として知られ、建設相、環境庁長官、厚生相を歴任。93年に自民党を離党後、旧新生党、旧新進党に参加。98年に改革クラブを結成したが、2000年の衆院選に出馬せず政界を引退した。

日本の政治家。元衆議院議員。 1916年12月7日生まれ。新潟県新潟市出身。 東京帝国大学法学部政治学科卒業。父はかつて衆議院議員だった小沢国治。建設大臣、厚生大臣、環境庁長官などを歴任した。 大学卒業後は旧内務省に勤務。第二次世界大戦後は旧厚生省に移り、厚生官僚として活躍した。厚生省を退官後は地元新潟の企業の社長などを歴任した。1960年に衆議院議員総選挙に旧新潟1区から自由民主党公認で立候補し当選。以後当選回数13回。1993年6月に自民党を離党し、新生党に参加。翌1994年12月には新進党に参加するが、新進党分党後は改革クラブを結成し、代表を務めた。改革クラブ時代は旧新進党の旧公明党系のグループで結成していた新党平和と院内会派の平和・改革を結成し、小沢が代表となった。2000年の第42回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界を引退した。 2013年10月13日、老衰のため死去。 (引用元 Hatena Keyword)