訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ブルーノ・メツ 氏

サッカー監督[フランス]
2013年 10月15日 死去がん享年60歳
ブルーノ・メツ - ウィキペディアより引用
ブルーノ・メツ(Bruno Lucas Felix Metsu, 1954年1月28日 - 2013年10月14日)は、フランス・クドケルク=ヴィラージュ出身のサッカー選手、サッカー指導者。
選手時代は主に母国・フランスのクラブでキャリアを過ごす。
指導者としては、フランスでキャリアを積んだ後、セネガル代表監督に就任。
2002年のワールドカップにおいて、初出場ながらセネガルをベスト8に導いた。
その後は活動の場を中東に移す。
2002-2003年シーズンのAFCチャンピオンズリーグでは、UAEのアル・アインFCを率いて初優勝を果たした。
その後はアラブ首長国代表やカタール代表監督を務めた。
イスラム教に改宗しており、それに伴ってアブドゥル・カリム・メツと改名した。
2012年7月にディエゴ・マラドーナの後任としてUAEのアル・ワスルFCの監督に就任したものの、癌のため3か月で辞任。
その後、闘病生活を送っていたが、癌は結腸から肝臓、肺に転移。
2013年10月14日に出身地クドケルク=ヴィラージュの病院で死去 。

↑ PAGE TOP