訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

堂本尚郎 氏

画家[日本]

2013年 10月4日 死去急性心不全享年86歳

堂本 尚郎(どうもと ひさお、1928年3月2日 - 2013年10月4日)は、京都市出身の洋画家、文化功労者。
東京都在住。
日本画家堂本印象の甥。
画風 1948年(昭和23年) - 第4回日展において、「畑のある風景」で初入選 1949年(昭和24年) - 京都市立美術専門学校(現:京都市立芸術大学)日本画科卒業 1951年(昭和26年) - 第7回日展特選 1955年(昭和30年) - 渡仏、グラン・ショーミエールで油画を始め、アンフォルメル運動に参加する。
その後独自の抽象画へ発展する。
1979年(昭和54年) - シャトー・ムートン・ロートシルト のラベルデザインを担当する。
1994年(平成6年) - 紫綬褒章を受章 2001年(平成13年) - フランス政府芸術文化勲章オフィシエ章を受章 2007年(平成19年) - 文化功労者 2013年(平成25年)10月4日 - 急性心不全のため死去。

堂本 尚郎氏(どうもと・ひさお=洋画家)4日午前2時26分、急性心不全のため東京都内で死去、85歳。京都市出身。葬儀は8日午前10時30分から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻真美(まみ)さん。 日本画を学んだ後、55年渡仏し、非定型の抽象表現を目指すアンフォルメル運動に参加。波紋や円形などの幾何学的模様を特徴とする画風で国際的に活躍した。作品に「臨界」シリーズなど。95年紫綬褒章を受章。01年フランス政府芸術文化勲章オフィシエ。07年文化功労者。

↑ PAGE TOP