芸能人・経営者のおくやみ情報

森浩一 氏

考古学者、同志社大学名誉教授・日本文化史[日本]

2013年 8月6日 死去急性心不全享年86歳

森 浩一(もり こういち、1928年7月17日 - 2013年8月6日)は、日本の考古学者。
同志社大学名誉教授。
専門は日本考古学、日本文化史学。
従姉妹に随筆家でイタリア文学者の須賀敦子がいる。
大阪府大阪市出身。
同志社大学文学部英文学科卒業、1957年、同大学院文学研究科文化史学専攻修士課程修了。
学生時代から古墳の発掘と報告書作成に取り組む(例:黄金塚古墳)。
学生考古学研究会も創設(後に古代学研究会)。
その後、府立泉大津高校の教諭を勤める傍ら、古墳の発掘に従事(例:奈良県 新沢千塚)。
その後東京大学の井上光貞により『日本の歴史』(中央公論社)の考古学担当の執筆者に抜擢される(日本の歴史1神話から歴史へ 「40年のちのあとがき」より)。
関西大学講師を経て1965年、急逝した酒詰仲男(東大卒人類学専攻)の後任として同志社大学専任講師となり、1972年には同志社大学文学部教授。
同志社の顔とも呼ばれる名物教授だった。
1999年に退任。
2010年には愛知県春日井市に蔵書を寄贈、市中央公民館に「森浩一文庫」が設立された。