芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・デューク 氏

ミュージシャン、キーボード奏者[アメリカ]

2013年 8月5日 死去享年68歳

ジョージ・デューク - ウィキペディアより引用

ジョージ・デューク(George Duke, 1946年1月12日 - 2013年8月5日)はカリフォルニア州サン・ラファエル生まれのジャズ・フュージョンで活躍していたピアニストでコンポーザー、プロデューサー、歌手。
バイオグラフィ アメリカカリフォルニア州サン・ラファエルに生まれ、マリン・シティで育つ。
母に連れて行かれたデューク・エリントンのコンサートでピアノに憧れ、7歳よりピアノの教育を受け始める。
地元の教会にてブラック・ミュージックの洗礼を受けている。
16歳の時高校の仲間と時代にグループを組み、ジャズを演奏している。
この頃の彼はマイルス・デイヴィスやソウル・ジャズに影響されている。
サンフランシスコ音楽院ではトロンボーンと作曲を専攻する。
在学中、アル・ジャロウと組みクラブで演奏していた。
1970年代に入るとキャノンボール・アダレイやクインシー・ジョーンズ、フランク・ザッパ、ビリー・コブハムのグループに参加し、知名度を上げていった。

George Duke アメリカを中心に活躍するピアニスト・キーボーディスト・プロデューサー・コンポーザー。 アル・ジャロウ、ジャン・リュック・ポンティらと共演するなど、ジャズの世界でプレイ。 1969年から、フランク・ザッパのバンド「Mothers Of Invention」に参加。70年代の終わりごろからはプロデュース業も始め、数々のヒットを放っていく。 2013年8月5日、アメリカ・ロサンゼルスで死去。満67歳没。 (引用元 Hatena Keyword)

「ジョージ・デューク」と関連する人物(故人)