芸能人・経営者のおくやみ情報

松尾明美 氏

バレリーナ、振付家[日本]

2013年 8月5日 死去心不全享年95歳

松尾 明美(まつお あけみ、1919年9月 - 2013年8月5日)は、日本のバレエダンサー・振付家、バレエ指導者である。
松竹歌劇団、日劇ダンシングチームなどに在籍した後、日本初の全幕バレエ『白鳥の湖』初演でオデット=オディール役を貝谷八百子とのダブルキャストで踊るなど、日本バレエ界で活躍を続けた。
夫は、バレエ演出家の川路 明(かわじ あきら、1925年 - 1995年)。
本名は松尾 花子といい、1919年9月に渋谷区で生まれた。
父親の仕事の関係で4歳のときに松山市に移った。
本人は学校の勉強に興味はなかったというが、スポーツや運動は大好きで、四国の自然の中で兄たちと野山を駆け巡り、川遊びを楽しみ、小学校には1里の山道を歩んで通う生活を続け、体が鍛えられた。
10歳のときに父を亡くし、亡父の故郷である岡山に母と5人の兄弟とともに引っ越したが、松尾の母は東京育ちだったため岡山の暮らしになじめず、何回か引っ越しをした末に1931年に東京に戻った。

  • 題名
    私たちの松尾明美
    著者
    うらわまこと
    発売元
    文園社
    発売日
    2015-06-30
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 9,990 より