芸能人・経営者のおくやみ情報

アレッサンドロ・ボルタAlessandro Antonio Anastasio Volta

物理学者化学者[イタリア]

(ボルタ電池を開発)

1827年 3月5日 死去享年83歳

アレッサンドロ・ボルタ - ウィキペディアより引用
アレッサンドロ・ジュゼッペ・アントニオ・アナスタージオ・ヴォルタ伯爵(Il Conte Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta、1745年2月18日 - 1827年3月5日)は、イタリアの自然哲学者(物理学者)。
電池(ボルタ電池)を発明した。
日本では、一般にはボルタと表記されることが多いため、本稿でもこの表記を用いる。
前半生と業績 イタリア北部のコモ出身。
1774年、コモ国立ギムナジウム(Liceo Ginnasio Statale Scuola Reale di Como) 物理学教授となる。
1775年、電気盆(静電気をためる器具)を改良し、広く紹介した。
その印象が非常に強かったため、電気盆自体は1762年にスウェーデン人教授ヨハン・ヴィルケが発明したにも関わらず、一般にはボルタが発明者と誤って紹介されることが多い。
1776年から1777年にかけ、沼に発生する発火性のガス(現在のメタン)が水素とは異なる物質であることを発見。

「アレッサンドロ・ボルタ」と関連する人物(故人)