芸能人・経営者のおくやみ情報

ダグラス・エンゲルバート 氏

コンピューター技術者[アメリカ]

(マウスやGUIなどを生み出す)

2013年 7月2日 死去享年89歳

ダグラス・エンゲルバート - ウィキペディアより引用

ダグラス・エンゲルバート(Douglas Carl Engelbart、1925年1月30日 - 2013年7月2日)は、アメリカ合衆国の発明家で、初期のコンピュータやインターネットの開発に関与した。
特に、SRIインターナショナル内の Augmentation Research Center (ARC) で行ったマンマシンインタフェース関連の業績で知られており、そこでマウスを発明し、ハイパーテキストやネットワークコンピュータやグラフィカルユーザインタフェースの先駆けとなるものを開発した。
エンゲルバートは、コンピュータとネットワークの開発と使用が世界の緊急かつ複雑な問題を解決する助けになるという主張をよく行っている。
研究室には自身が "bootstrapping strategy" と名付けた一連の原則を貼っていた。
その戦略は研究室での技術革新を加速するようエンゲルバートが設計したものである。
学生時代 1925年1月30日、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドにて、カール・ルイス・エンゲルバートとグラディス・シャーロット・アメリア・マンソン・エンゲルバートの間に生まれる。

アメリカ合衆国の発明家で、マウスの発明やハイパーテキスト、グラフィカルインタフェースの開発で知られる。米オレゴン州で生まれた同氏は、オレゴン州立大学卒業後、カリフォルニア大学バークレー校大学院で電気工学とコンピューター科学を学び、その後、スタンフォード研究所(StanfordResearchInstitute)に所属。同僚とともに、電子メールやビデオ会議、ハイパーテキスト、インターネットの前身であるアーパネットの開発などに取り組んだ。1970年にはパーソナルコンピューターのマウスの特許を取得。マウスの特許を含め、コンピュータ・IT関連で通算21件の特許を取得している。2000年、IT業界で最高の名誉とされる米国家技術賞受賞。2013年7月2日、88歳で亡くなった。 (2013-7-8) (引用元 コトバンク)