芸能人・経営者のおくやみ情報

成田三樹夫 氏(なりたみきお)

俳優[日本]

1990年 4月9日 死去胃がん享年56歳

成田三樹夫 - ウィキペディアより引用

成田 三樹夫(なりた みきお、1935年1月31日 - 1990年4月9日)は、日本の俳優。
愛称はミッキー。
山形県酒田市出身。
来歴・人物 父親は法務省の役人で、秋田、旭川、仙台の刑務所長を歴任した。
山形県立酒田東高等学校卒業。
岸洋子とは中学校から酒田東高を通じて同級生であった。
東京大学に入学するが、一年で中退し帰郷。
その後、山形大学人文学部英文学科に入学するが二年半で中退している。
1959年、俳優座養成所に第12期生として入所。
同期には松山英太郎・山本圭・中村敦夫らがいる。
1963年に卒業してから永田雅一の知己を得て、大映と専属契約を結び、1964年に『殺られる前に殺れ』で映画デビュー。
1965年の時代劇映画『座頭市地獄旅』出演以降は、勝新太郎や市川雷蔵の敵役を主に務めたが、芸域は幅広く、映画『ある殺し屋』では市川雷蔵の弟分役で準主役を演じ、1966年のテレビドラマ『土曜日の虎』では、社会悪と闘う私立探偵的な企業コンサルタント・津村公で主役を務めた。

俳優。 1935年1月31日 山形県酒田市生まれ。 テレビで育った世代以降はテレビドラマ「探偵物語」で「工藤ちゃん」を追いかけ回す銭形みたいな刑事、という役柄を示せば誰もが「あぁ、」と納得することだろう。 しかし、仁侠映画出演の常連でもあった。多くの仁侠を演じた人の中で成田三樹夫ほど、セクシーでニヒルで、動作の美しかった俳優というのも稀である。 「仁義なき戦い・広島死闘篇」での成田は一見の価値あり。 また、文学書を読み、俳句をたしなむという、文学青年の一面も持ち合わせていた。(死後、無明舎出版から句集「鯨の目」が発売) 1959年 俳優座養成所入り 1963年 卒業 1973年 「仁義なき戦い・広島死闘篇」以降東映の「実録」シリーズで常連化 1979年 テレビ連続ドラマ「探偵物語」レギュラー 1990年 惜しまれつつ死去。 (引用元 Hatena Keyword)