芸能人・経営者のおくやみ情報

ラモン・デッカー 氏

キックボクシング選手[オランダ]

2013年 2月27日 死去享年45歳

ラモン・デッカー - ウィキペディアより引用

ラモン・デッカー(Ramon Dekker、男性、1969年9月4日 -2013年2月27日 )は、オランダ・ブレダ出身のキックボクサー。
身長172cm、体重72kg。
メン・ホー・ジム所属。
生ける伝説デッカーは、キックボクシングおよびムエタイで、8度も世界王者に輝いた。
格闘王国オランダが生んだキックボクシング界の至宝と呼ばれ、ボクシングにおけるマイク・タイソンやバスケットボールにおけるアレン・アイバーソンやサッカーにおけるディエゴ・マラドーナのような爆発的なスタイルのカリスマな存在と評され、彼に憧れる選手は多い。
判定負けもKO負けを恐れないフルスイングの強い回転力の攻撃と鬼気迫る闘志で「地獄の風車」と呼ばれた。
パワー溢れるファイトが生んだ脅威のKO率により、ムエタイの本場タイでは「ダイアモンド」とも称された。
1986年、16歳でコー・ヘマーズに入門(ヘマーズはオランダ・キックボクシング創成期の選手で、長い戦歴を誇るデッカーの唯一のトレーナー。

「ラモン・デッカー」と関連する人物(故人)