芸能人・経営者のおくやみ情報

織田秀信(おだのぶひで)

戦国大名[日本]

(幼名・三法師、織田信忠 嫡男、慶長10年5月27日没)

1605年 7月13日 死去享年26歳

織田秀信 - ウィキペディアより引用

織田 秀信(おだ ひでのぶ)は、安土桃山時代から江戸時代の武将・キリシタン大名。
織田信忠の嫡男、織田信長の嫡孫。
岐阜城主、官位は正三位中納言で岐阜中納言とも呼ばれた。
公卿補任においては本姓で平秀信(たいら の ひでのぶ)と記載されている。
洗礼名はペトロ。
生涯 本能寺の変・清洲会議 天正8年(1580年)、織田信忠の長子として生まれた。
母・徳寿院は塩川長満の娘、森可成の娘、あるいは武田信玄の娘・松姫とも。
なお、母が松姫の場合、武田信玄の外孫という事になる。
『美濃国古蹟考』によると、和田孫太夫女であるという。
高野山悉地院過去帳は母方の祖母を進藤氏としており、進藤氏の娘の可能性もある。
幼名は三法師。
天正10年(1582年)の本能寺の変の際、父・信忠の居城岐阜城に在城していたが、前田玄以、長谷川嘉竹あるいは木下某(小山木下氏)に保護されて清洲城へと避難した。
この折、二条城におり信忠から末期に行光の短刀を与えられたという逸話がある。
同年、清洲会議において羽柴秀吉の周旋により、わずか3歳で織田弾正忠家の家督を相続、直轄領として近江国坂田郡3万石を得る。

織田信長の孫。織田信忠の長男。幼名・三法師。岐阜中納言。 本能寺の変では父とともに京にあったが、前田玄以に護られて脱出に成功。変後の清須会議で羽柴秀吉に擁立されて織田家家督となる。 1592年、岐阜城主になる。 関ヶ原の戦いでは西軍に属すが、東軍に城を攻め落とされて降伏。福島正則の取り成しで助命され、高野山へ蟄居。同地で没した。 (引用元 Hatena Keyword)