訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

桜井郁三 氏

政治家、元自民党衆議院議員[日本]

2013年 2月10日 死去多臓器不全享年69歳

桜井 郁三(さくらい いくぞう、1944年4月10日 - 2013年2月10日)は、日本の政治家。
自由民主党所属の元衆議院議員(3期)。
神奈川県藤沢市出身。
日本大学法学部卒業。
大学時代に政治の世界に興味を持ち、在学中は自民党学生部に入部。
卒業後、自民党本部職員として政治を学ぶ。
30歳の時、藤沢市議会議員に初当選。
初めての選挙では自民党本部の職員であったことから地方議員の選挙でありながら自民党の大物政治家たちが応援に駆けつけた。
以降、藤沢市議会議員を4期務める。
1996年、第41回衆議院議員総選挙において51,360票を得て衆議院議員に初当選。
政令指定都市ではない地方都市の市議会議員から衆議院議員に当選するのは全国的に見ても稀有なことである。
2000年、第42回衆議院議員総選挙では50,814票を得たが、54,237票を得た江崎洋一郎(民主党)に惜敗した。
2003年、第43回衆議院議員総選挙では、江崎が自民党に移籍したことに伴いコスタリカ方式を採り、小選挙区から出馬し得票を73,767票に伸ばすも、75,826票を得た中塚一宏(民主党)に敗れた。

桜井 郁三氏(さくらい・いくぞう=元自民党衆院議員)10日午前4時42分、多臓器不全のため東京都新宿区の病院で死去、68歳。神奈川県出身。自宅は同県藤沢市高倉596の5。葬儀は18日午前11時から同市大庭3761の藤沢市斎場で。喪主は妻敦子(あつこ)さん。 1996年に衆院神奈川12区で初当選。当選3回。衆院環境委員会理事、総務政務官を歴任した。

↑ PAGE TOP