芸能人・経営者のおくやみ情報

湯浅八郎 氏(ゆあさはちろう)

昆虫学者[日本]

1981年 8月15日 死去享年92歳

湯浅八郎 - ウィキペディアより引用

湯浅 八郎(ゆあさ はちろう、1890年4月29日 - 1981年8月15日)は日本の昆虫学者・教育者・キリスト者。
第10・12・13代同志社総長および初代国際基督教大学学長を歴任した。
1890(明治23年)東京に生まれた。
同志社理事・群馬県会議長・衆議院議員を務めた実業家・政治家である父・湯浅治郎、徳富蘇峰・徳富蘆花兄弟の姉である母・初子の間に生まれた。
湯浅家は当時の日本ではまだ珍しいクリスチャン・ホームであった(父方の叔父に聖書学者として知られる湯浅吉郎がいる)。
少年期は主として京都で過ごした。
1902(明治35)年同志社普通学校に入学。
1908(明治41)年卒業、米国に渡った。
3年間カリフォルニア州リヴィングストンの開拓農場で労働に従事した後、1911(明治44)年カンザス農科大学に入学。
同大学卒業後、イリノイ大学大学院に進学しPh.D.(博士号)を取得した。
1924(大正13)年、新設の京都帝国大学農学部教授に招聘されて帰国。
当時としてはリベラルな教育を行い、今西錦司、森下正明、内田俊郎らを育てた。

ゆあさ-はちろう 1890-1981昭和時代の教育者。明治23年4月29日生まれ。湯浅治郎・湯浅初子の5男。同志社普通学校卒業後,渡米。カンザス州立農大,イリノイ大大学院で昆虫学をまなぶ。大正13年帰国し,京都帝大で新設の農学部教授。昭和10年同志社総長,辞任後再渡米。22年同志社総長に再任。25年国際基督教大初代総長,のち理事長。昭和56年8月15日死去。91歳。東京出身。 (引用元 コトバンク)

「湯浅八郎」と関連する人物(故人)