訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

堀直虎(ほりなおとら)

信濃須坂藩主、外国総奉行[日本]

(慶応4年1月17日没)

1868年 2月10日 死去自害享年33歳

堀直虎 - ウィキペディアより引用
堀 直虎(ほり なおとら)は、江戸時代末期の大名。
若年寄、外国総奉行。
信濃須坂藩の第13代藩主。
直重系堀家13代。
天保7年(1836年)8月16日、第11代藩主・堀直格の五男として江戸で生まれる。
文久元年(1861年)11月6日、同母兄で第12代藩主である直武が隠居したため、その養子として跡を継いだ。
同年11月16日、従五位下長門守に叙任する。
後に内蔵頭に改める。
そして藩政改革を断行し、家老ら41人を粛清して藩政を大きく改革し、洋式軍制を導入した。
幕末期の幕政にも加わった。
文久3年9月15日、大番頭に就任する。
元治元年(1864年)7月8日、天狗党の討伐を命じられる。
しかし、同年7月13日、幕府に意見し、差控を命じられる。
同年9月、市中見廻役を命じられる。
慶応元年(1865年)12月、呉服橋門番を命じられた。
慶応3年(1867年)12月5日、若年寄兼外国総奉行に就任した。
しかし慶応4年(1868年)1月17日、突如として江戸城中で自害して果ててしまった。
享年33。
自害の理由は、大政奉還を徳川慶喜に進言した経緯から慶喜や幕府保守派に疎まれていたためとも、幕府を守るために慶喜に徹底抗戦を進言したが容れられず、そのために諫死したとも言われている。

「堀直虎」と関連する人物(故人)