芸能人・経営者のおくやみ情報

菅江真澄

旅行家、民俗学者[日本]

(文政12年7月19日没)

1829年 8月18日 死去享年76歳

菅江真澄 - ウィキペディアより引用

菅江 真澄(すがえ ますみ、宝暦4年(1754年) - 文政12年7月19日(1829年8月18日))は、江戸時代後期の旅行家、博物学者。
生まれは、三河国渥美郡牟呂村字公文(現在の豊橋市牟呂公文町)と伝えられる。
本名は白井秀雄、幼名は英二といった。
知之(ともゆき)、白超とも名乗った。
生涯・人物 父は秀真、母は千枝か。
吉田町札木の植田義方に和学、和歌を学んだ。
1770年頃から尾張藩の薬草園につとめ、1780年生家に戻った。
その間丹羽嘉信について漢学・画技を、浅井図南から本草学・医学を修得した。
各地をしばしば巡って紀行を執筆。
一説には、これには植田義方というスポンサーがあり、彼が書いたものを本にして出していたともいう。
1783年に30歳で故郷を出奔。
刃傷などやましい事があったのではとも推測されるが、その理由は不明。
故郷を離れてからも、郷里の知人に音信を知らせたりしているので、余程の事件があったものとは思えない。
いずれにせよ、以来信越・東北から蝦夷地にいたる長い旅を重ねる。
享和元年(1801年)に再度の秋田入りをした際には白井真隅と名乗ったが、文化7年(1810年)の日記『氷魚の村君』(ひおのむらぎみ)からは菅江真澄と名乗っている。

江戸後期の国学者・紀行家。三河岡崎生。本名は白井英二のち秀雄、字は常冠、通称は永治。植田義方に和学・和歌を学ぶ。尾張藩の薬園で本草学を修得し、河村秀根に考証学を、丹羽嘉言から漢学等を学ぶ。東北を遊歴後、秋田藩久保田に永住、藩内地誌編纂に従事。遊歴中の日記「真澄遊覧記」は、自筆の挿絵と共に貴重な民俗資料である。文政12年(1829)歿、76才。 (引用元 コトバンク)