芸能人・経営者のおくやみ情報

梶本隆夫 氏

元阪急ブレーブス監督[日本]

2006年 9月23日 死去呼吸不全享年71歳

梶本隆夫 - ウィキペディアより引用

梶本 隆夫(かじもと たかお、1935年4月8日 - 2006年9月23日)は、岐阜県多治見市出身のプロ野球選手(投手)・監督・野球解説者。
山梨県甲府市生まれ。
愛称は「梶」あるいは「梶さん」「梶やん」。
弟は元プロ野球選手の梶本靖郎。
プロ入りまで 実家は岐阜県多治見市の「梶本ミシン商会」。
梶本が中学の時父親が亡くなり、母が女手ひとつで子育て、仕事を切り盛りした。
多治見工業高校では同期の安藤順三とバッテリーを組む。
1952年秋季中部大会に進むが、1回戦で浜松北高に惜敗し、翌年春の選抜への出場を逸する。
1953年夏の甲子園岐阜県予選では2回戦で郡上高から完全試合(7回コールド)、準々決勝で関一高からノーヒットノーランを記録するなど活躍。
決勝でも岐阜高をノーヒットノーランで降し優勝、三岐大会に進出するが決勝で津高に完封負け、甲子園出場はならなかった。
現役時代 プロ3球団から入団交渉を受け、阪急が契約金50万、中日が120万、最後の巨人が200万。

プロ野球選手・指導者・解説者。 通称「悲運の左腕」。 左投左打、ポジションは投手。背番号は33番。 1935年4月8日生まれ。山梨県生まれ、岐阜県出身。 多治見工業高校から1954年、阪急ブレーブスに入団。 高卒ルーキー1年目にして開幕投手に指名され、勝利投手となる。 同年、55試合に登板し20勝を挙げるも、新人王争いは宅和本司?に敗れる。 1956年28勝、1957年24勝と2年連続20勝以上、1960年にも21勝を挙げる。 1957年7月23日、南海ホークス戦で9連続奪三振のプロ野球記録を樹立。 左腕エースとしてブレーブスの「灰色の時代」を支えた。 1967年、15勝をあげ念願のパ・リーグ初優勝に貢献。通算200勝を達成。 米田哲也と共に「ヨネ・カジ」コンビをなし、米田・石井茂雄と共に、日本プロ野球界の「三本柱」の元祖として知られる。 また、温和な性格で知られ、人望に優れていたことでも知られる。 1972年4月14日、東映フライヤーズ戦で公認野球規則8.04に規定された20秒ルール*1によりボールを宣告された。*2 1973年、現役引退。通算成績は254勝255敗。*3 1974年、投手コーチに就任。 投手陣を整備し、1970年代ブレーブスの黄金時代を支えた。 1979年、上田利治の辞任に伴い、監督に就任。 1981年、投手コーチに戻る。*4 1987年、フロント入りし球団調査部長に就任。 1989年、球団身売りによりオリックス・ブレーブスとなってからは再び投手コーチとして現場復帰。 オリックス・ブルーウェーブとなった後も1995年まで歴任。 1998年から1999年までは、中日ドラゴンズの二軍投手コーチを務める。 退任後は、野球解説者 …… (引用元 Hatena Keyword)