芸能人・経営者のおくやみ情報

久松保夫 氏

俳優[日本]

1982年 6月15日 死去享年64歳

久松 保夫(ひさまつ やすお、本名:高橋寛、1919年6月6日 - 1982年6月15日)は、日本の男性俳優、声優、青二塾(東京校)初代塾長。
元青二プロダクション所属。
経歴・人物 東京府東京市日本橋區久松町(現・東京都中央区日本橋久松町)出身(※芸名は出身地名に由来)。
本籍は東京都中央区日本橋浜町二ノ四〇。
東京府立第六中学校(現・東京都立新宿高等学校)を経て、青山学院(現・青山学院大学)神学部へ入学するも、1938年8月に中退。
同年新築地劇団入団。
ただし俳優ではなく経営部に籍を置き、劇団運営や客集めといった裏方として奔走する。
舞台に上がるきっかけは、地方公演の同行でたまたま俳優が足りないゆえの頭合わせで、1939年『海援隊』で初舞台を踏む。
この時の発声や役者向きの顔が評価されて帰京後、役者としての籍を同劇団内に得る。
1940年8月、新築地劇団解散後は。
劇団築地小劇場、日本移動演劇聯盟くろがね隊と移り、この間に南旺映画で1940年3月、千葉泰樹監督の『彦六なぐらる』にて映画初出演を果たす。

声優・俳優、芸団協?専務理事 誕生日:1919年6月6日 出身地:東京都 所属:青二プロダクション 1982年(昭和57年)6月15日、死去。享年63。 芸能人の生活と人権の向上と保護のために尽力した。 (引用元 Hatena Keyword)