訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

伊達綱村(だてつなむら)

陸奥仙台藩主[日本]

1719年 8月5日 死去享年61歳

伊達綱村 - ウィキペディアより引用
伊達 綱村(だて つなむら)は、陸奥仙台藩の第4代藩主で、伊達氏の第20代当主。
3代藩主伊達綱宗の長男。
母は三沢初子。
生涯 万治2年(1659年)3月8日、伊達綱宗の嫡男として生まれる(伊達政宗の曾孫に当たる)。
幼名は亀千代丸。
元服の際は父と同じく将軍・徳川家綱より偏諱を与えられて、初め綱基(つなもと)、後に綱村(つなむら)と名乗った。
万治3年(1660年)、父・綱宗が隠居させられたため(詳しくは伊達綱宗を参照)、わずか2歳で家督を相続した。
綱宗の叔父に当たる伊達宗勝(一関藩主)や、自身の叔父に当たる田村宗良(岩沼藩主)などが後見人となった。
しかし、家中では父の時代から続く家臣団の対立や宗勝の専横などが続き、伊達氏の家中は混乱が続いた。
しかも寛文6年(1666年)には、綱村自身が何者かの手(宗勝の側近)によって毒殺されかけるほどであった。
このような混乱続きの中、寛文11年(1671年)に伊達騒動(寛文事件)が勃発し、伊達氏は改易の危機に立たされたが、綱村自身が若年であったことから幕府の裁定ではお咎めなしとされ、宗勝ら関係者が処罰されることとなった。
題名
伊達正統世次考
著者
発売元
作並清亮
発売日
1900
新品価格
より
中古商品
より
題名
伊達出自世次考
著者
発売元
作並清亮
発売日
1897
新品価格
より
中古商品
より
題名
伊達綱村茶会記 (1968年)
著者
酒井巌
発売元
酒井ゑい 中央公論事業出版
発売日
1968
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP