芸能人・経営者のおくやみ情報

川上貞奴

女優[日本]

1946年 12月7日 死去享年76歳

川上貞奴 - ウィキペディアより引用

川上 貞奴(かわかみ さだやっこ、本名 川上 貞(旧姓:小山)、明治4年7月18日(グレゴリオ暦1871年9月2日) - 昭和21年(1946年)12月7日)は、戦前の日本の女優。
生涯 東京・日本橋の両替商・越後屋の12番目の子供として誕生。
生家の没落により、7歳の時に芳町の芸妓置屋「浜田屋」の女将、浜田屋亀吉の養女となる。
伝統ある「奴」名をもらい「貞奴」を襲名。
芸妓としてお座敷にあがる。
日舞の技芸に秀で、才色兼備の誉れが高かった貞奴は、時の総理伊藤博文や西園寺公望など名立たる元勲から贔屓にされ、名実共に日本一の芸妓となった。
1894年、自由民権運動の活動家で書生芝居をしていた川上音二郎と結婚した。
しかし当初は苦労も多く、音二郎の2度もの衆院選挙落選により資金難に陥る。
1898年に2人は築地河岸よりボートに乗り、国外への脱出を図るという挙に出たこともある。
この試みは失敗し、淡路島に漂着して一命を取り留めた。
1899年、川上音二郎一座のアメリカ興行に同行したが、サンフランシスコ公演で女形が死亡したため(興行主から「女の役は女性がするべきで女形は認められない」と拒否されたためとも)急遽代役を務め、日本初の女優となった。

かわかみさだやっこ [生]明治4(1871).7.15.東京[没]1946.2.7.熱海女優。本名小熊貞。美貌の芸者として知られたが,1891年俳優で興行師の川上音二郎と結婚,以後川上のよき協力者となる。98年夫とともに渡米。欧米を『武士と芸者』などを売物に巡業,このときから貞奴を名のって舞台に立った。1901~02年再度渡米,帰国後正劇女優として『オセロ』などに出演。08年帝国女優養成所(のち帝劇附属技芸学校)を開設。17年明治座で引退興行をしたのち,一時川上児童音楽劇団を主宰した。 (引用元 コトバンク)