芸能人・経営者のおくやみ情報

斎藤一(さいとうはじめ)

新撰組隊長、警察官[日本]

1915年 9月28日 死去胃潰瘍享年72歳

斎藤一 - ウィキペディアより引用
斎藤 一(さいとう はじめ、1844年2月18日(天保15年1月1日) - 1915年(大正4年)9月28日)は、日本の武士(新選組隊士)、警察官。
階級は警部。
勲等は勲七等青色桐葉章。
幕末期に新選組で副長助勤、三番隊組長、撃剣師範を務める。
一時期御陵衛士に入隊。
戊辰戦争では旧幕府軍に従い新政府軍と戦う。
明治維新後警視庁の警察官となり、西南戦争では警視隊に所属して西郷隆盛軍と戦う。
退職後、東京高等師範学校(東京教育大学を経た、現在の筑波大学)の守衛、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)の庶務掛兼会計掛を務める。
出自、経歴は不明な点も多い。
生涯 出自 父・山口祐助、母・ますの三子として生まれる。
姉に勝(ひさ)、兄に廣明。
出身地は江戸とされる。
播磨国ともいわれるが、父が明石出身であったことから明石浪人を名乗ったようである。
会津出身と書かれた資料もあるが、疑問視されている。
父・祐助は播磨国明石藩の足軽であったが、江戸へ出て石高1,000石の旗本・鈴木家の足軽となった。