芸能人・経営者のおくやみ情報

桐野利秋(きりのとしあき)

薩摩藩士陸軍少将[日本]

(前名・中村半次郎、西南戦争で額を撃ち抜かれて戦死)

1877年 9月24日 死去戦死享年40歳

桐野利秋 - ウィキペディアより引用

桐野 利秋(きりの としあき、天保9年(1838年)12月 - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人。
諱は利秋、通称は半次郎、桐野に復姓後は信作(晋作、新作)。
初め中村 半次郎(なかむら はんじろう)と称した。
桐野利秋の書と伝えられる掛け軸など複数に、「鴨溟(瞑)」という雅号が記されている。
出自・城下士 天保9年(1838年)12月、鹿児島郡鹿児島近在吉野村実方(現在の鹿児島県鹿児島市吉野町)で城下士の中村与右衛門(桐野兼秋)の第三子として生まれる。
5人兄姉弟妹で、上から兄・与左衛門邦秋、姉(夭折)、半次郎利秋、弟・山ノ内半左衛門種国(山ノ内家の養子となる。
西南戦争に従軍)、妹(島津斉彬に近侍していた伊東才蔵に嫁ぐ。
伊東才蔵も西南戦争で戦死)の順。
別府晋介は母方の従弟。
肝付兼行男爵とは姻戚関係にあり、兼行の実父・兼武は、利秋戦死後、残された家族を後見するとともに、伝記 を著した。
家系は坂上苅田麻呂(坂上田村麻呂の父)に起こると称し、安土桃山時代、島津義久の家老・平田増宗を暗殺した押川強兵衛の道案内をした桐野九郎左衛門尉の末裔という。

薩摩藩士・陸軍軍人。薩摩生。初め中村半次郎と称す。通称は晋作。西郷隆盛の知遇を得、鳥羽・伏見の戦いや、会津征討で軍功を立てる。維新後、陸軍少将・陸軍裁判所長等を歴任するが、征韓論政変で西郷とともに下野。以後鹿児島で私学校運営や西郷派士族の教育などに尽力する。西南戦争では西郷軍総指揮者として奮戦するが、明治10年(1877)陣中にて歿、39才。 (引用元 コトバンク)