芸能人・経営者のおくやみ情報

メナヘム・ベギン 氏

政治家首相[イスラエル]

1992年 3月9日 死去享年80歳

メナヘム・ベギン - ウィキペディアより引用

メナヘム・ベギン(מנחם בגין‎、Menachem Begin、1913年8月16日 - 1992年3月9日)は、イスラエルの政治家。
1977年から1983年までイスラエルの首相を務めた。
息子は科学相を務めたベニー・ベギン。
ロシア領(現ベラルーシ領)ブレスト・リトフスクに生まれた。
1919年から1939年にかけて、ブレスト・リトフスクはポーランド領であったが、1939年ソビエト連邦によって占領された。
そのため、1940年から1941年にかけてソ連に収監されていた。
1941年に解放され、ソ連領内につくられたポーランドのアンデルス軍団に参加。
家族はナチスに殺されている。
1942年のソ連脱出後はユダヤ人の非公然武装組織イルグンに参加し1947年頃にはそのリーダーとなる。
アイルランドの活動家・マイケル・コリンズを師と仰いだ。
エルサレムのキング・デイヴィッド・ホテル爆破事件(当時パレスチナを統治していたイギリス軍の司令部が所在)を実行した。
イルグン・ツヴァイ・レウミとそのリーダーのベギンは1948年の第一次中東戦争において、デイル・ヤシーン事件などパレスチナ人の虐殺を行ったという悪名でも知られている。

イスラエルの政治家。元首相。 1913年8月16日、生まれ。1992年3月9日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)