訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

オランプ・ド・グージュ

作家[フランス]

1793年 11月3日 死去処刑享年46歳

オランプ・ド・グージュ - ウィキペディアより引用
オランプ・ド・グージュ(Olympe de Gouges、1748年5月7日 - 1793年11月3日)は、フランスの作家、女優、フェミニズム運動の先駆者。
当時の女権論者としては最も強硬ではあったが、政治思想的には穏健だった。

タルヌ=エ=ガロンヌ県モントーバンの近郊で、肉屋の父と、安物の装身具の行商人の母との間に生まれる。
本名はマリー・グーズ。
彼女の生い立ちについてはほとんど分かっていないが、1765年にレストラン経営者と結婚し、ほどなく息子をもうけた。
この後、夫には先立たれたが、その遺産でかなりの収入を維持して生活は安定していた。
そこであまり教育は受けていなかったにもかかわらず、文壇にデビューするためパリへの移住をした。
この時、未亡人と呼ばれるのが嫌で名前を変え、 オランプ・ド・グージュと名乗るようになった。

↑ PAGE TOP