芸能人・経営者のおくやみ情報

沖田総司(おきたそうじ)

新撰組組長[日本]

(慶応4年5月30日没)

1868年 7月19日 死去享年歳

沖田総司 - ウィキペディアより引用

沖田 総司(おきた そうじ、天保15年(1844年)? - 慶応4年5月30日(1868年7月19日)は、幕末の武士、新選組一番隊組長及び撃剣師範。
本姓は藤原を称した。
諱は春政、後に房良。
幼名は宗次郎。
生涯 生い立ち 陸奥国白河藩藩士・沖田勝次郎とミキ(日野宿四谷宮原家の娘)の長男として、江戸の白河藩屋敷(現・東京都港区西麻布)で生まれる。
生年については天保13年(1842年)または15年(1844年)の2つの説があり未確定で、生誕時の月日に関しては特定できる史料が一切出ておらず、夏であったということしか分かっていない(13年6月1日生れという説もある)。
2人の姉がおり、沖田家は姉のみつが婿に林太郎を迎えて相続させる。
父の勝次郎は弘化2年(1845年)に死去し、母のミキとも死別したとされる。
9歳頃、江戸市谷にあった天然理心流の道場・試衛館(近藤周助)の内弟子となり、のちに新選組結成の中核となる近藤勇、土方歳三とは同門にあたる。

新選組一番隊隊長、撃剣師範。天然理心流五代目。天保13年(1842年)、もしくは天保15年(1844年)〜慶応4年(1868年)5月30日。 白河藩士の子として生まれるが、のちに脱藩する。嘉永三年(1850)9歳で惣次郎は試衛館に内弟子として預けられ、10代で免許皆伝、文久元年の20歳頃には試衛館の塾頭を務めるまでになる。この頃から名を惣次郎から総司とする。 文久3年、近藤はじめ試衛館の面々と共に浪士組に参加し上洛。壬生に到着後、近藤一派として京都残留、新選組にあっても常に筆頭に名が上げられる腕の持ち主だった。 池田屋事件では近藤ら共に4人で斬り込み、その戦闘中に喀血。池田屋から運び出され慶応3年12月20日に療養のため隊を離れて大坂へ下り、慶応4年5月30日、肺患で死去。 (引用元 Hatena Keyword)