芸能人・経営者のおくやみ情報

小笠原長重(おがさわらながしげ)

武蔵岩槻藩主、老中[日本]

(享保17年8月1日没)

1732年 9月19日 死去享年83歳

小笠原 長重(おがさわら ながしげ)は、江戸時代前期から中期の旗本、譜代大名、老中。
三河吉田藩第3代藩主、のち武蔵岩槻藩初代藩主。
忠知系小笠原家4代。
生涯 慶安3年(1650年)5月7日、三河吉田藩第2代藩主・小笠原長矩の次男として生まれた。
寛文4年(1664年)3月22日将軍徳川家綱に謁見。
以降譜代大名の次男坊として幕府に出仕し、寛文10年(1670年)7月11日中奥小姓に就任し、12月28日には切米500俵を支給された。
寛文12年(1672年)4月25日御側小姓に移り、12月28日従五位下佐渡守に叙任した。
延宝5年(1677年)11月6日延寿国吉の刀を賜った。
延宝8年(1680年)将軍家綱の薨去のために職を免ぜられ、一時寄合旗本に列したが、翌天和元年(1681年)7月6日には御書院番の番頭として復帰した。
天和2年(1682年)5月21日切米1000俵を加増されて都合1500俵となる。
貞享2年(1685年)7月9日、家督を相続していた兄長祐の子であった長千代が早世したことにより急遽長祐の養子となり、12日にこれまで支給されていた1500俵を幕府に返還した。

おがさわら-ながしげ 1650-1732江戸時代前期-中期の大名。慶安3年5月7日生まれ。小笠原長矩(ながのり)の次男。兄長祐(ながすけ)の養子となり,元禄(げんろく)3年三河(愛知県)吉田藩主。奏者番兼寺社奉行,京都所司代などをへて10年老中。同年武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)藩主小笠原家初代となる。6万石。享保(きょうほう)17年8月1日死去。83歳。初名は長好。通称は兵助。官職名は佐渡守。 (引用元 コトバンク)