芸能人・経営者のおくやみ情報

大石進(おおいしすすむ)

剣客、筑後国柳河藩士[日本]

(文久3年11月19日没)

1863年 12月29日 死去享年67歳

大石 種次(おおいし たねつぐ、1797年(寛政9年) - 1863年12月29日(文久3年11月19日))は、江戸時代後期から幕末の剣客、筑後国柳河藩藩士。
諱は種次。
通称は進、のち七太夫と改名。
隠居号は武楽。
大石神影流の創始者で、男谷信友、島田虎之助と並ぶ「天保の三剣豪」の一人。
7尺といわれる長身に加え、5尺3寸の長竹刀を使用しての左片手突きは強烈で天下無双の技ともいわれた。
六組での所属は立花壱岐組。
家格は給人。
大石神影流の創始 柳河藩士・大石種行(太郎兵衛)の長男として、筑後国三池郡宮部村(現在の福岡県大牟田市大字宮部)に生まれる。
種次は4、5歳のころから祖父の種芳に大石家が師範として担当する剣術新陰流(または愛州影流)派及び大島流槍術剣槍術を学んだという。
父種行は柳河藩の剣槍術師範役に加え、柳河藩支藩三池藩の師範役も兼ねていた。
このため交際費がかさみ、家禄30石では苦しい生活を強いられた。
種次は幼時から馬を飼い、門前の田畑を耕して家計を補ったという。
しかし、そのためか、ある年、正月恒例の御前試合に思わぬ惨敗を喫した。

おおいし-すすむ 1797-1863江戸時代後期の剣術家。寛政9年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩士。祖父種芳と父種行に槍術(そうじゅつ),剣術をまなび,大石神影流を創始。長竹刀による突きを得意とし,天保(てんぽう)3年江戸にでて,千葉周作,白井亨(とおる)らと互角の勝負をして評判となった。文久3年11月19日死去。67歳。名は種次。通称は別に七太夫。号は武楽。 (引用元 コトバンク)

「大石進」と関連する人物(故人)