芸能人・経営者のおくやみ情報

西塚十勝 氏

元JRA競馬調教師[日本]

2006年 12月23日 死去老衰享年94歳

西塚 十勝(にしづか とかち、1912年7月10日 - 2006年12月23日)は、北海道出身の日本中央競馬会 (JRA) 調教師。
元騎手で大正から平成まで競馬と関わり続け、「中央競馬に西塚あり」とまで言われた競馬界の重鎮であった。
西塚は様々な災難を逃れてきた驚異的な強運の持ち主であったことでも知られている。
長男は同じく元調教師の西塚安夫(養子のため血の繋がりはない)、孫はかつて安夫厩舎に所属し、安夫の死後は移籍して現在は尾関知人厩舎の調教助手である西塚信人が務めている。
西塚は両親を早くに亡くしたため、小学校を出てすぐ横浜市にあった親類のパン屋に奉公に入った。
当時奉公先のパン屋の向かいは瀬戸物屋で、西塚は小さな地震が起こるたびにそこの商品の瀬戸物がカチャカチャとぶつかり合う光景が大好きで、いつも仕事を放り出し道路に飛び出して眺めていた。
これは後述の、第一の強運のエピソードへと続く、重要なポイントとなる。
1923年、関東大震災に被災したため、北海道に帰る。
1924年、北海道内で騎手見習いとなり、1928年、札幌競馬場で騎手デビュー。

「西塚十勝」と関連する人物(故人)