芸能人・経営者のおくやみ情報

ナデジダ・クルプスカヤ

レーニンの妻[ソ連]

1939年 2月27日 死去享年71歳

ナデジダ・クルプスカヤ - ウィキペディアより引用
ナデジダ・コンスタンチノヴナ・クルプスカヤ(ナジェージダ、ナジェージュダなどとも;ロシア語:Надежда Константиновна Крупскаяナヂェージュダ・カンスタンチーナヴナ・クループスカヤ;ラテン文字転写の例:Nadezhda Konstantinovna Krupskaya、1869年2月26日(ユリウス暦2月14日) - 1939年2月27日)は、ソビエト連邦の政治家、革命家、教育家。
ウラジーミル・レーニンの妻。
レーニンとの間に子供は生まれなかった。
故にレーニンとクルプスカヤの直系子孫は存在しない。
1869年、サンクトペテルブルクにロシア帝国領ポーランドのグロエツ郡長官の家に生まれる。
夜間学校で教鞭をとりながら参加していたマルクス主義思想の研究サークルで、1894年にレーニンと知り合う。
1896年に煽動罪に問われ逮捕。
流刑先のウファでレーニンと再会し、1898年7月に結婚。
1900年、夫とともにヨーロッパへ亡命。
パリ、ロンドン、ジュネーヴ、フィンランドを回る。
2人はドイツで雑誌『イスクラ』(火花)を発刊。

「ナデジダ・クルプスカヤ」と関連する人物(故人)