芸能人・経営者のおくやみ情報

上山春平 氏

哲学者、元京都市立芸術大学長[日本]

2012年 8月3日 死去パーキンソン病享年91歳

上山 春平(うえやま しゅんぺい、1921年1月16日 - 2012年8月3日)は日本の哲学者。
京都大学名誉教授。
来歴・人物 和歌山県出身。
1943年京都帝国大学文学部哲学科卒業。
太平洋戦争下では徴兵され、人間魚雷回天に搭乗した。
戦後、京都大学人文科学研究所助教授、1968年教授、所長を歴任。
京都国立博物館館長、京都市立芸術大学学長も務めた。
主要著作は法藏館より『上山春平著作集』(全10巻)に収められている。
1988年、紫綬褒章受章。
1994年、文化功労者。
1998年、叙勲二等授旭日重光章。
初期の関心はアメリカのプラグマティズム哲学の研究であったが、のち日本を中心にした仏教、国家論、戦争論、日本文化論などに移った。
日本を「照葉樹林文化」として捉え、理系と文系の総合を目指した試みが特に評価が高い。
単著よりも、対話やシンポジウムに力を発揮するタイプである。
梅原猛、梅棹忠夫らの「新・京都学派」の一人。
2012年8月3日、パーキンソン病のため、京都市内の自宅で死去。
91歳没。
没日付けで正七位から従三位へ昇叙。
著作 『歴史分析の方法 比較史方法論序説』三一書房、1962 『弁証法の系譜-マルクス主義とプラグマティズム』(未來社、1963) 『大東亜戦争の意味 現代史分析の視点』中央公論社 1964 『日本のナショナリズム』至誠堂新書、1965 『日本の土着思想 独想的なリベラルとラディカル』弘文堂、1965 「日本の思想 土着と欧化の系譜」1971 『明治維新の分析視点』(講談社、1968) 『大東亜戦争の遺産』(中央公論社・中公叢書、1969)「憲法第九条 大東亜戦争の遺産―元特攻隊員が託した戦後日本への願い」(明月堂書店、2013)へ改題・復刊 『世界の歴史 第23 第2次世界大戦』河出書房新社 1970 のち文庫 『神々の体系 正・続 深層 ……

哲学者で文化功労者の上山春平(うえやま・しゅんぺい)氏が3日午前11時6分、パーキンソン病のため、京都市右京区太秦垂箕山町8の11の自宅で死去した。91歳だった。台湾生まれ。葬儀は近親者で済ませた。喪主は次女あゆみさん。 1943年、京都帝大文学部哲学科卒。68年京大人文科学研究所教授、同研究所長などを経て84年名誉教授。88年紫綬褒章、94年文化功労者に選ばれた。梅原猛氏や故梅棹忠夫氏ら、同研究所を中心とした新・京都学派の一人で、日本文化論や日本思想史など多彩な分野で活躍した。 

うえやま-しゅんぺい 1921-2012昭和後期-平成時代の哲学者。大正10年1月16日台湾生まれ。海軍にはいり人間魚雷「回天」特攻隊に配属される。昭和43年京大人文科学研究所教授,のち所長。みずからの戦争体験をふまえナショナリズムを研究。世界史の視点から日本国家の特性を追究。京都国立博物館長,京都市立芸大学長などをつとめた。平成6年文化功労者。平成24年8月3日死去。91歳。京都帝大卒。著作に「大東亜戦争の意味」「神々の体系」「天皇制の深層」など。 (引用元 コトバンク)