芸能人・経営者のおくやみ情報

三木睦子 氏

故・三木武夫元首相夫人[日本]

2012年 7月31日 死去大腸腫瘍享年95歳

三木 睦子(みき むつこ、1917年(大正6年)7月31日 - 2012年(平成24年)7月31日)は、日本の政治運動家、社会活動家。
第66代内閣総理大臣三木武夫の妻で、三木事務所代表。
来歴・人物 千葉県出身。
森コンツェルン総帥で昭和電工の創業者・森矗昶の二女。
この父をはじめ、兄の森曉、弟の森清と森美秀、甥の森英介はいずれも衆議院議員に、また長女の高橋紀世子は参議院議員になっている政治家一族の出身である。
また、姉は元昭和電工社長の安西正夫に嫁いでいる。
東京府立第一高等女学校(現東京都立白鴎高等学校)卒業。
1940年(昭和15年)に三木武夫と結婚、以後三木が亡くなる1988年(昭和63年)まで48年にわたって夫の政治活動を支える。
その頃から、保守傍流で自民党内では左よりだった夫よりも「家庭内左派であった」と語っている。
政治問題に対して積極的に発言している。
スタンスは「リベラル」寄りで、北朝鮮との友好にも関心が強く、韓国の金大中大統領がノーベル平和賞を受賞した際は「金正日総書記も一緒に受賞して欲しかった」と発言するなど、親北朝鮮の進歩的文化人の1人。

故三木武夫元首相夫人の三木睦子さんが7月31日、大腸腫瘍のため都内の病院で死去した。95歳だった。 

故三木武夫元首相未亡人。「朝鮮の子どもにタマゴとバナナをおくる会」会長。 数々の活動を評価され、2002年に朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) から親善勲章第一級を授与されている。 2012年7月31日、大腸腫瘍のため死去(95歳)。 (引用元 Hatena Keyword)