訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

伏木和雄 氏

政治家、元衆議院議員[日本]
2012年 7月28日 死去呼吸不全享年83歳
伏木 和雄(ふしき かずお、1928年8月9日 - 2012年7月28日)は、日本の政治家。
衆議院議員(9期)、公明党国会対策委員長、公明党中央執行副委員長などを歴任。
神奈川県議会議員を務めた後、1967年2月の第31回衆議院議員総選挙に旧神奈川1区から公明党公認で出馬し初当選。
1979年、党委員長竹入義勝の下で中央執行委員に就任する。
1983年、党国会対策副委員長に就任。
1985年、委員長の竹入の下で党組織局長に就任する。
1986年12月、党大会で新委員長に選出された矢野絢也の下で党中央執行副委員長に就任する。
1989年5月、矢野が明電工事件絡みの疑惑発覚で辞任すると党副委員長石田幸四郎が新委員長に選出されるが、伏木は党副委員長に留任する。
1992年7月、参院選後に副委員長を退任。
1993年6月、宮沢内閣不信任決議案が可決し、衆議院解散に伴う総選挙には出馬せず政界引退へ。
地盤を上田勇に譲る。
1998年、竹入が『55年体制回顧録』を出版したことに反発し、元党書記長市川雄一や副委員長経験者らとともに竹入バッシングを展開する。

伏木 和雄氏(ふしき・かずお=元公明党衆院議員)28日午後0時24分、呼吸不全のため横浜市港北区の病院で死去、83歳。横浜市出身。葬儀は親族で済ませた。喪主は妻芳子(よしこ)さん。 67年衆院選に旧神奈川1区から出馬し、初当選。以後9回連続当選。党国対委員長や衆院建設委員長を歴任した。

「伏木和雄」と関連する人物(故人)

宮本顕治 矢追秀彦 多田省吾 辻武寿 森本晃司 市川雄一

↑ PAGE TOP