訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

峨山韶磧

曹洞宗侶、總持寺第2世[日本]
(正平21年10月20日入寂)
峨山韶(紹)碩(がさんじょうせき、建治元年(1275年)- 正平21年/貞治5年10月20日(1366年11月23日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての曹洞宗の僧。
能登国の出身。
總持寺第2世。
大現宗猷國師。
能登国羽咋郡瓜生田(現在の石川県河北郡津幡町字瓜生)に生まれた。
16歳の時比叡山で出家し、円宗に師事して天台教学を学んだ。
一説には白山修験道の行者であったともいう。
永仁5年(1297年)、上洛途中の瑩山紹瑾に出会う。
正安元年(1299年)、加賀国大乗寺の瑩山のもとを訪れ、正安3年(1301年)大悟して瑩山禅師にそれを認められた。
徳治元年(1306年)瑩山から印可を受け、諸方遍歴の途についた。
元亨元年(1321年)瑩山から嗣法し、洞谷山永光寺(ようこうじ)妙荘厳院において「戒脈」及び『仏祖正伝菩薩戒作法』一巻を受けた。
また、瑩山より永光寺首座に任じられ、説法を行っている。
正中元年(1324年)、永光寺首座として大衆20名とともに、總持寺僧堂開堂式のため總持寺へ出向いた。

↑ PAGE TOP