芸能人・経営者のおくやみ情報

神保格 氏

言語学者[日本]

1965年 12月6日 死去享年82歳

じんぼうかく [生]1883.4.18.東京[没]1965.12.6.東京言語学者,音声学者。1908年東京帝国大学言語学科卒業。ただちに東京高等師範学校教授。のち東京文理科大学教授となり45年定年退官。東京教育大学名誉教授。のち東洋大学教授。59年紫綬褒章を受ける。アクセントを含む日本音声学の確立に大きく貢献。言語理論の面でもソシュールのラングや共時態に相当する概念など数々のすぐれた独創的な考えを打出し,常に平易な言葉で表現した。また,放送やレコードを通して実践指導にも努め,標準語の普及に大きな力となった。主著『言語学概論』(1922),『国語音声学』(25),『国語音声学綱要』(47),『言語理論』(61)など。ほかにO.イェスペルセン『言語』の翻訳(1927,市河三喜と共訳),『国語発音アクセント辞典』(32,常深千里と共著)などもある。 (引用元 コトバンク)