芸能人・経営者のおくやみ情報

山田五十鈴 氏(やまだいすず)

女優[日本]

2012年 7月9日 死去多臓器不全享年95歳

山田五十鈴 - ウィキペディアより引用

山田 五十鈴(やまだ いすず、1917年2月5日 - 2012年7月9日)は、日本の女優。
本名は山田 美津。
愛称は「ベルさん」。
戦前から戦後にかけて活躍した、昭和期を代表する映画女優の1人である。
時代劇映画の娘役を経て、溝口健二監督の『祇園の姉妹』で地位を確立。
以来、優れた演技力で数多くの名作に出演した。
1960年代以降は舞台女優として活動し、水谷八重子、杉村春子とともに「三大女優」と呼ばれた。
また、テレビドラマ『必殺シリーズ』では女元締のおりくを演じて人気を得た。
2000年(平成12年)に女優として初めての文化勲章を受章した(ただし、受章辞退者を含めれば杉村春子が初)。
これまでに月田一郎、滝村和男、加藤嘉、下元勉との結婚歴がある。
女優の嵯峨三智子は月田との間に生まれた娘である。
来歴・人物 映画界へ 1917年(大正6年)2月5日、大阪府大阪市南区千年町(現在の中央区東心斎橋)に生まれる。
父の山田九州男は新派俳優で、母の律は北新地の売れっ子芸者だった。
山田はその母の命で、数え年で6歳の時から常磐津、長唄、清元、日本舞踊の稽古を始めた。

長年にわたり映画、舞台、テレビで幅広く活躍し、女優で初めて文化勲章を受章した山田五十鈴(やまだ・いすず、本名美津=みつ=)さんが9日午後7時55分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。95歳だった。大阪市出身。葬儀の日取りなどは未定。 

やまだいすず [生]1917.2.5.大阪[没]2012.7.9.東京映画女優。本名山田美津。1930年日本活動写真(日活)入社,『剣を越えて』でデビュー,娘役で人気を得た。1934年に第一映画に移り,溝口健二監督の『浪華悲歌』(1936),『祇園の姉妹』(1936)で好演,第一線の映画女優として認められた。新興キネマ,東宝映画(→東宝)を経て,第2次世界大戦後は映画会社に所属せず,1960年代以降は舞台を中心に活躍,『たぬき』で1974年度芸術祭賞大賞を受けた。日本放送協会NHKの大河ドラマ『赤穂浪士』,「必殺シリーズ」などテレビでも活躍した。ほかに,映画『現代人』(1952),『猫と庄造と二人のをんな』(1956),『蜘蛛巣城』(1957年度芸術選奨文部大臣賞),舞台『香華』『太夫さん』(1983年度芸術祭賞大賞)など。1993年に文化功労者に選ばれ,2000年には女優として初めて文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)