芸能人・経営者のおくやみ情報

有賀長雄

法学者、社会学者[日本]

1921年 5月17日 死去享年62歳

有賀長雄 - ウィキペディアより引用

有賀 長雄(ありが ながお、万延元年10月1日(1860年11月13日) - 大正10年(1921年)5月17日)は、日本の法学者、社会学者。
法学博士。
文学博士。
姓はあるがとも。
生前、1909年に日本人初のノーベル平和賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。
大坂(現在の大阪府)で代々歌道を生業とする家系に生まれ、大阪英語学校・開成学校を経て明治15年(1882年)7月10日に東京大学文学部哲学科を卒業。
東大在学中には学資稼ぎに成立学舎で教師もしていた。
東京大学御用掛、同文学部准助教授、元老院御用掛、兼東京大学御用掛などを経て、明治19年(1886年)6月4日、元老院書記官となり、同年11月からヨーロッパに留学し、ドイツのベルリン大学で勉強、次いでオーストリアでウィーン大学教授ローレンツ・フォン・シュタインに国法学を学ぶ。

「有賀長雄」と関連する人物(故人)